肩こりを放っておくと、こんなツラい症状につながることも

【肩こり】つらい肩こり女性のイメージ名古屋市天白区・緑区のみなさま、こんにちは。

そら整体院です。  

肩こりがひどくて、頭痛は出る・気持ち悪い・疲れが取れない、そんな状態にまでなってから、いらっしゃる患者様がいます。  

 

お忙しくて施術を受けにくる時間が、なかなかないそうです。

心配ではありますが、しょうがない部分ではあると思います。  

「肩こり」という言葉には、どうしてもある種の軽さを感じると思います。  

たとえば、「椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」と聞けば、その症状が大変そうに思うはずです。  

でも「肩こり」と聞くと、「しょせん肩こりでしょ?」と思う方、多いのではないでしょうか?  

 

肩こりはそう軽く思われがちなので、ケアは後回しでも大丈夫かと思うかもしれませんが、それが大きな症状に繋がってくることがあります。  

実際の事例をご紹介しますので、ご自身にあてはまらないかどうか、確認してみてください。  

四十肩・五十肩

【肩こり】重い荷物を肩にかける女性肩こりを放っておくと、四十肩や五十肩につながっていくことがおおいです。  

肩にコリがあることで、あなたの身体が無意識に肩をかばうようになっています。  

そうすると、肩関節に無駄な圧迫や刺激が加わり、徐々に硬くなっていって、腕が上がらない・腕に激痛が走るという四十肩・五十肩になっていくわけです。  

腰の違和感を放っておくと、ぎっくり腰や坐骨神経痛につながっていくようなものです。  

頸椎ヘルニア

これは、肩こりが頸椎ヘルニア(首の骨のヘルニア)につながるのではなく、肩こりのせいで、頸椎ヘルニアであることに気付かない場合がある、ということです。  

肩こりがあって治療院にいけば、肩首の状態をチェックします。問診もしっかり行います。  

それであなたが頸椎ヘルニアであることがわかる場合もあります。

しかし肩こりを放置して治療院にいかないと、身体の検査が行われないので、頸椎ヘルニアに気付かず過ごすことになる可能性もあります。  

 

その結果、原因不明の手のシビレや頭痛・倦怠感などにもつながってきます。  

慢性の頭痛

【頭痛】「頭痛を何とかしたい!」とこちらをみている女性肩こりがひどくて血流が悪いと、頭痛が頻繁に起こる身体になってしまいます。  

ちょっと疲れただけで頭痛・夕方に頭痛が起きる・季節の変わり目に頭痛・ストレスが少しでもあると頭痛、そういう風になり、頭痛薬が手放せないようになっていきます。  

飲みすぎると薬の効果も落ちていき、より頭痛で悩まされることも多くなってくるでしょう。  

肩こりを放置していると、頭痛が起きて、毎日のパフォーマンスも落ちていきます。    

実はすでに、3番目の慢性の頭痛状態になるまで肩こりがひどくなっている方、非常に多いです。  

ただ1番目・2番目にあげた四十肩・頸椎ヘルニアの方も、あなたが想像以上に多いです。  

 

ですから、たかが肩こりと軽く見ない方が良いと思います。  

まだ軽い肩コリのうちにケアしておけば、毎日快適な生活をすごせます。  

肩こりを放っておかず、きちんとケアをする。これをぜひ心がけてください。

そら整体院