腰部脊柱管狭窄症で歩行が大変でしたが、足の痺れが軽減し歩行距離が伸びました

お客様写真
アンケート用紙

腰部脊柱管狭窄症
6年前に発症し2年間整形院に通院しましたが改善されず、通院を諦め本などを参考に独自で体幹運動を試みていたました。

が、改善されず、右足側の痺れに加え昨年末くらいから左足側にも痺れを感じるようになり、間欠跛行が進行し、歩行時の持続距離が短くなり、又通常での痺れが増加した為改めて施術が必要と思いました。


そら整体院での施術開始から12回目ですが、今迄10分程歩いては休まないと痺れがひどくなりましたが、体調と前日の仕事によりますが、歩行距離が伸び左足の痺れが軽減されて、体全体の硬さが徐々に改善されていくのを実感してまいりました。

歩行距離が伸びてきた事と、辛い痺れが以前より薄らいだ点で、11年間続けているボランティア活動を今後も続けられそうで、心の張りと活力を失わないで楽しめそうです。


発症した時は頭から整形院と決めて居ましたので2年間もマッサージと温熱療法以外ないと思いましたが、今回インターネット調査や知人のアドバイスにより、いろいろある対応先の中で、改善に対する熱いものを感じ、院長の説明にここと決め訪問し、先ず体が崩れている点を即座に見られ体幹の重要性に添って施術を受け、整形では治らない事を実感致しました。

70代 男性 T.Y様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

バイトで4~5時間立ちっぱなしで仕事をしていても、腰の痛みが出にくくなりました お客様写真
2~3ヶ月で坐骨神経痛の症状がやわらいで来た お客様写真
体の硬さがなくなっていき、次第に腰痛も収まっていった お客様写真