(症状ページ/O脚)O脚が変わらない3つの原因

そら整体院が考えるO脚が変わらない3つの原因

理由1:体液の循環不良

体の中に流れているリンパ液・血液・脳脊髄液の3つの体液の流れが体の歪みを起こしてしまう要因です。

暴飲暴食や睡眠不足などで体液の流れが悪くなってしまうと体に疲労が溜まりやすくなり、その疲労を回避するために姿勢が悪くなったり、歪みが起きやすい状態になっていきます。

O脚は股関節の動きを良くしていくことが重要ですので、そのためにはまずは循環を良くしていくことが必要になります。

理由2:骨格の歪み

体液の循環が悪くなると体は形を変えていくので歪みが起こります。

歪みが起こると同じ姿勢を続けた時に姿勢が悪くなり猫背になったり、足を組む、横座りをすぐにしてしまうことが多くなり歪みがキツくなっていきます。

何も対処をしないと歪みが体に定着して、ストレッチや運動をしただけではO脚が改善されない状態になってしまいます。

理由3:関節の捻れ

体液の循環が悪くなり、歪みが定着していくと骨と骨を繋いでいる関節が硬くなり捻れていきます。

O脚の場合は股関節や膝下が内旋することで連動をしてしまい開いて捻れが起こるのでよりO脚がひどくなっていきます。

膝や股関節がが捻れてしまうとO脚だけでなく膝の痛みや腰痛、肩こりが出やすい状態になっていきますので色々な症状に悩まされることが多くなります。

「どこへ行ってもO脚が良くならない・・」とお悩みの方は
この3つが原因になっていることが多いので、
当店ではこの3つの問題を同時に改善する、
「循環・歪み改善整体」でO脚でのお悩みを解決していきます。