《症例報告》ヘルニアと診断された患者さんが足首と骨盤の調整で楽になった症例

40代 女性 パート

症状: ヘルニア、坐骨神経痛

概要

約1年半前から左の腰やお尻に痛みと、左足全体に痺れが出た。痛みが出てから半年は自分でケアしていたが良くならず、病院等で治療を受け始めた。

2ヶ月前にMRIを撮ってもらい、ヘルニアと診断される。

来院時は足が真っ直ぐに伸ばせず、仰向けでもうつ伏せでも腿や膝の裏側が突っ張って痛みが出る為出来なかった。

夜も痛みで目が覚めてしまう、家事をするのに前屈みになると痛みが出て、手を止めて台所で寄りかかるなど、日常生活にも影響が出ていて、仕事や趣味も思うように出来ない状態。

1年間、近隣の整形外科や接骨院でリハビリやブロック注射、薬の服用、マッサージ等、様々な治療を試したが全く改善されなかった為来院する。

 

検査

可動域検査 腰の回旋は左右ともに痛みを伴い、著しい可動域の減少がある。肩の外転は右肩の方が動きが悪く、首は左に回りにくい。

両足首にも固さがある。

 

施術

1回目

足首と骨盤の問題が強いと思われた。でも、腰やお尻の痛みで眠れていないこと、薬の服用で胃に痛みを感じるということから、内臓疲労があり、体力が落ちている事が考えられた為、回復力を上げるために、まずは循環の調整と固くなっている内臓の調整を行う。関節の可動域は治療前よりも良くなっている。

体が動くようになってくれば痛みは改善することを説明して初回は終了。

 

2回目(1日後)

初回の治療後直ぐは良かったが、施術後に仕事に行き、夕方から強い痛みが出たとのこと。可動域は始めの状態に戻ってしまっている。前回と同様の施術を行う。

身体の循環が良くなったり可動域が上がったことで、一時的に痛みが出てしまったり痛みの場所が変わったりするかもしれないけど、治療を続けていって体力がついてくれば、痛みは出なくなることを説明して終了。

 

3回目(3日後)

痛みの場所が膝裏からふくらはぎの外側に変わった。

施術の前日に仕事に行き、立ちっぱなしになった事で痛みが強く出ているとのこと。

でも、夜に起きる回数は減った。前回と同様の施術を行う。

 

4回目(1日後)

今日は腰が痛いとのこと。まだ施術後に痛みが出るので、前回よりも手技を少なくし、刺激量を減らして施術を行う。可動域は上がってくるので、しばらくは刺激を減らしながら様子を見ていく。

 

5回目(2日後)

腰の痛みは無いが足の痛みが強い。歩き出すと痛みが出る。
前回と同様の施術を行う。

痛み止めの薬はまだ使用しているという事だったので、薬を飲んで痛みが少しでも緩和されるか聞いたところ、全く変わらないとのことだったので、内臓への負担がかかるので、やめることに不安がなければやめてみて下さいとお願いして終了。

 

6回目(1日後)

痛み止めは極力使わないようにしているとのこと。

お尻の痛みがありふくらはぎも張るが、膝裏は良い。

前回と同様の施術を行う。

 

7回目(3日後)

まだ施術後は痛みが出る。普段のお尻の痛みは減り、ふくらはぎの張りが気になる。

前回と同様の施術を行う。

その後、施術後の痛みは出ていたが、週2回来院して頂いて、徐々にうつ伏せの姿勢でも膝が伸ばせるくらいに腿の裏の張りは無くなってきた。痛みで夜中に起きる頻度も減っている。

1ヶ月半程で施術後の痛みは出なくなり、もともとの問題になっていると思われた足首の調整と骨盤の調整を入れていった。

2ヶ月経つ頃には腿の裏に少しの張りは残るものの痛みは無く、重いものを持つ等の無理をしなければ痛みが出ないところまで回復した。

一度少し無理をして、大きく状態が崩れて強い腰痛が出たが、それも1ヶ月ほどで落ち着いた。

今では、夜は朝まで起きる事もなく、趣味も仕事も出来ていると喜んでいる。
まだ足先の痺れが少し残るが、このまま施術を続けていけば、問題なく改善していくでしょう。

 

解説

痛みや痺れがあっても、「仕事上仕方ない」「みんななってるし」「趣味はやめられないから」と、症状を我慢して頑張ってる方って沢山います。

でも、症状が出ている時って、実は体はもう限界なんです。

使い続ければ更に悪化して治りづらくなってしまいます。

今回のケースでも、仕事でも趣味でも体を使うので、周りの人たちも症状を持っていたりした為、そこまできにする事もなく我慢して続けていました。

悪化して、病院や接骨院などで治療を受けていましたが、自分の体が体を治す為の体力がなくなってしまっていて、更に痛み止めの使用で内臓にも疲労がたまり、余計に治りにくくなっていました。

なので、最初は循環の調整と内臓の調整をして体力をあげる為の施術を行いました。

1年半前からという長期に渡って続いている症状であることと、当院での施術を始めてからも仕事や趣味は続けていたので、改善に時間がかかってしまいましたが、治る為の体力を上げていった事で、少しずつ症状は緩和し睡眠が取れるようになった事で、より回復力が高まってきた為、症状が落ち着いてきました。

ヘルニアの診断を受けていたそうですが、ヘルニアは痛みを出していた直接の原因ではなく、足首や骨盤の固さが痛みの原因になっていたと考えられた為、回復力が上がってきたところで足首と骨盤の調整をして、更に症状が改善していったと思われます。

リハビリでも神経ブロック注射でも良くならない腰やお尻の痛み、足の痺れでお困りの方、是非ご相談下さいね。
今なら初回限定63%OFFの3,000円坐骨神経痛の施術を行っておりますので、
腰やお尻の痛み、足の痺れでお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

坐骨神経痛の施術についてはこちら